Home » 2016 » 9月

交通事故による慰謝料

交通事故に合った被害者は加害者に慰謝料を請求する事ができます。しかし怪我をした方が慰謝料を必ずもらえるわけではありませんので注意が必要です。例えば、バイクを運転していて赤信号で止まっている前方の車にぶつかってしまい、転倒し骨折した場合などは、完全な自損事故ですので慰謝料は請求できません。また、交通事故は事故の責任の重さによって割合で支払われます。例えば慰謝料が100万円だったとして、自分に事故の原因が60パーセントあった場合には、40万円しか受け取れない事になります。

慰謝料は入院、通院していた期間、日数によって異なります。つまり長く治療していた方が、怪我の症状が重かった事になりますので、慰謝料は高くなります。自賠責基準と任意保険基準によって慰謝料の総額は全然違ってしまいますので、保険会社との交渉の場合には、弁護士規準の慰謝料を調べておいてしっかり伝える事が重要になります。ただ、弁護士も付けずに弁護士規準の慰謝料を請求したとしても中々通りませんので、無料で利用できる交通事故専門の交通事故紛争処理センターを利用するか、弁護士にお願いする事をおすすめします。しかし、その場合には弁護士費用との兼ね合いもありますので、交通事故示談の交渉は一度相談した上で決めてください。